トップ > 持続可能な水道事業を目指して(料金の適正化) > 将来対応策 > 負担の偏りを減らすために 〜使用者間の料金負担の適正化〜